非常識な現地採用日本人が増殖中、採用には要注意!

 夕方、上海某日系人材会社J社、担当者の現地採用日本人Aさんから電話がかかって来ました。

 Aさん:「御社に推薦できる中国人人材がいますが、御社の資本金がいくらかを教えてください」
 立花: 「???会社の資本金?これは、人材とどういう関係があるの?」
 Aさん:「実は、その人材は、戸籍が上海でなく、外地の人です。上海で四金という社会保険に加入するには、就職先の会社の資本金が計算基数として必要なようです」
 立花: 「えっ?おかしい。まず、社会保険に関連するのが本人の賃金でしょう、会社の資本金とは関係ないし、次、外地の人なら、上海の四金に加入できないから、総合保険に加入するのではないか?」
 Aさん:「あっ、すみません。実は、私も、中国に来たばかりで、状況があまり詳しくなくて、周りの中国人から聞いたことですが。その辺、詳しく、教えていただけますか?」
 立花: 「恥を知れ!あなたはどういう商売やっているの?お客さんから紹介料もらって、お客さんに情報を提供するのが仕事じゃないか!自社サービスの商品知識もない、勉強もしない。お客さんからお金を取って、これは、詐欺か泥棒のどっちなの?あなたが中国に来たばかりで甘えるというのなら、じゃ、お宅のサービス料も半額にしろと、私も甘えて良いか?!」
 ・・・

 前にも書きましたが、最近現地採用の日本人の平均品質が低すぎる。甘える、といっても、容認できる限界を超えている。

 知識がない。
 経験がない。
 目標がない。
 常識がない。
 努力がない。
 プラス、甘える!
 
 という非常識な日本人が大量に増殖している。現地就職の日本人の平均点と評判を大幅に引き下げている。まじめにやっている人には良い迷惑です。

 人材会社のスタッフでさえ、この有様ですから、どうやって、お客さんに良い人材を紹介するというのですか?

 ああ、今日は、夕飯をおいしく食べられそうにありません……。

続編『人材会社と結婚紹介所、一生幸せにしてくれますか?』

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。