国際化とは語学力ではない

 いまだに、国際化には語学力が必要と考えている人がいて、絶句。

 語学に特化するなら、国連会議場のブースで同時通訳(逐次通訳ではない)できるくらいのレベルに到達するなら、それは価値あり。ちなみに、その同時通訳のプロたちは、語学よりも国際政治やロジック学のほうがはるかに上位レベルに到達している。つまり、指導者や政治家たちの文脈を読める、先読みできる。それくらいのレベルである。

 生半可な外国語なら、AIのほうがマシだ。日本人はまず、日本語。そして論理的な議論のスキルが最優先だ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。