コロナ対応、日本はなぜうまくいかないのか?

 コロナ対応、日本はなぜうまくいかないのか?答えはとてもシンプル。「平時」「有事」の見分けがつかないからだ。

 戦略を立てるには、まず正しい立ち位置を確認することが前提。立ち位置でさえ正しく把握していなければ、それは目指す方向もアプローチの手段も連鎖的に迷走する。

 日本の政府はもっとも重要な事項、いまが「平時」か「有事」かという議論をスキップしたまま、平時モードの政策論に入っているから、迷走するわけだ。「Go Toキャンペーン」もその好例。

 これは遡っていけば、有事法制の不備や国民の平和ボケといった一連の先行課題が浮上する。文化的背景からいえば、最悪を想定することを「言霊」として忌避する傾向も問題だ。

 そうした根本的な問題を潰さない限り、コロナ戦では勝てない。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。