リゾート滞在中、コロナの痛々しい爪痕

<前回>

 リゾートの朝はそんなに早くない。8時、朝食。その後は、リゾート構内の散策や見学。

 オーチャード・リゾートはホテルというよりも、一大農村地帯。広大な敷地にはフルーツを中心としたファームが点在している。さらにそこで働く外国人労働者たちは、出身国で棲み分け、フィリピン人村や バングラデシュ村が出来ているほどの状況だ。

 散策が終わると、プールサイドに場所を移し、読書しながら、ゆっくりと時間を過ごす。

 誰もいないプール。1人で独占するのは贅沢すぎるくらい。いや、どちらかといえば、コロナの爪痕を感じさせる痛々しさが際立つ。従業員たちの雇用は大丈夫か、給料は減らされていないか、そしてオーナーも大変だろう。

 観光業は過酷なダメージを受けている。どこの国も同じ。マレーシアは国内旅行が再開しても、日本のような「Go To トラベル」キャンペーンなどない。政府の補助がないまま、業者がそれぞれ独自の割引キャンペーンを打ち出し、サバイバルしている。

 今回泊まったこのリゾートは4か月以上の休業をしたあと、30%の割引にさらに食事を付けるほどの大サービスをしている。オーナーは財閥系の実業家だから、なんとか凌いでいるわけだ。本当に大変な時代だ。

<次回>

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。