正義正論がなぜ実現できないのか?

 最近思うようになったのは、正義正論だけで何も動かないことだ。正義正論の推進者には、利益(個益)が十分に渡る仕組みが必要。

 トランプは、十分な私財をもった稀代のリーダーだったが、結局大統領を4年間やって、私財を10億ドル以上もすったうえで、あんな結末を迎えたわけだ。

 彼も家族がいるわけだから、2024年にもう1回トライするかは定かではない。「もう、懲りた」ということになっても、十分に理解できる。彼を責めるべきではない。

 世の中の変革は、たとえそれが正義正論であっても、実際になかなか実現できない。最終的に、秩序の再建は、一度既存秩序の崩壊を必要とする。それが歴史が教えてくれた哲理。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。