マスクと同調圧力

 ワクチンは、化学的遮断。マスクは、物理的遮断。反ワクチンかつ反マスクはつまり、反遮断。反遮断の理由は、遮断しても防げないこと、と、コロナがインフルエンザであること。

 しかし、コロナは症状だけでなく、何よりも後遺症(Long COVID)は多数の症例や研究によって一般インフルエンザとの違いが明らかになりつつある。たとえ一般インフルエンザであっても、遮断が必要とされるだけに、コロナ反遮断は、非科学的、非論理的である。

 完全な遮断ができないからといって遮断不要というなら、完全な犯罪防止ができないから法律不要という論理も成り立つ。だから、副作用リスクのより少ない遮断、つまり社会的距離とそれが取れない場面のマスク着用が必須である。

 以上、私の考え方だ。私は「物理型遮断派」で、たとえ「マスクが馬鹿の象徴」と言われても、現段階では、自宅や自家用車、食事、スポーツ以外は基本的にマスクを着用する。

 マスク着用は、他人に対する尊重であり、社会的責任だ。私はそう認識している。

 「マスク付けろ」「マスク止めろ」。結局、どっちも同調圧力。海外の場合、「マスク規制廃止せよ」と、政府相手に抗議活動を行う。しかし、日本の場合、客体不明。誰に抗議しているか?

 日本では、マスク着用強制の法的義務はなく、推奨である。誰に抗議しているのか?マスク着用は最終的に個人の自由、権利である。反マスク派の「マスクが馬鹿の象徴」は暴論よりも、単に同調圧力をかけようとしているだけの無力さが漂っている。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。