マエストロ古澤氏へブラボー、ディオニュソス的な7番

 9月30日急いで出張先の台北から帰馬したのは、コンサートのためだった。

 10月1日クアラルンプールで、友人でもあるマエストロ古澤氏の雄姿を拝むことができた。ベートーヴェン7番。ワーグナーいわく「舞踏の聖化」をこれでもかというほど体感させてくれた。

 ディオニュソス的なエッセンスが横溢し、全曲クライマックスだった。指揮者としての精神的体力的消耗は半端でない。思わずブラボーを連呼してしまった。

 音楽って、本当に素晴らしい。

<写真>マレーシア・フィルハーモニー・オーケストラ(MPO)を指揮する古澤直久氏(出所:orchestra.or.jp)

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。