上海で新規赴任者・日本人管理職研修開催へ

 4月15日(月)~16日(火)、上海で定例の新規赴任者研修を行う。「新規赴任者・日本人管理職研修~(1)中国経営の課題と取組みの基本方向 (2)中国労働法務・人事管理入門」

 厳しさを増す中国の経営現場――。新規赴任者を含め、在中拠点の日本人管理職の皆様が山積する課題にどう向き合うべきか。総括的な研修で要点を網羅する。まず第1部では、主な経営課題の総括的な棚卸しを行い、諸問題の本質を解明し根源を突き止め、難局を打開・超克する戦略と経営実務の方向性を示す。次に第2部では、人事労務管理にフォーカスし、中国労働法政策の基本及び労働法務の重要ポイントに絞り、人事労務現場でよくある実務上のトラブルケースを挙げ、本質の洞察をもって、企業労務政策の戦略的策定方向と実務アプローチを示していく。

■4月15日(月)13:30~17:30
【第1部】中国経営の課題と取組みの基本方向

 ● 中国の時局情勢・市場現状と企業経営
 ● 日本人駐在員の安全問題・出国規制と「人質」リスク
 ● 有事に備える中国経営リスク管理の方針・施策
 ● 人件費上昇の要素とメカニズム解明
 ● 二大政策変更の影響~定年延長と二人子多産奨励
 ● 企業解雇権と人事権喪失の問題
 ● 企業組織スリム化・経営合理化・リストラ阻害要素
 ● 人件費の一部変動費化の雇用・賃金制度の構築
 ● 人事労務制度の硬直化脱出、改革の出口
 ● 暴走する「現地化」、内部不正行為の根源と除去法
 ● 中国人中堅育成課題と三位一体の育成体制
 ● 日本人経営幹部のため中国経営の要諦
  ・・・など

■4月16日(火)13:30~17:30
【第2部】中国労働法務・人事管理入門

 ● 中国の労働法とは?日本の労働法とどこが違うか?
 ● 中国の労働現場で何が起きているか?根本的な問題所在は?
 ● 管理職には必須!労働契約と就業規則制度の基本知識
 ● 人材募集・試用期間のリスクと注意事項とは?
 ● 試用期間に不適任と判断したら、どう合法的に解雇するか?
 ● 無固定期間従業員と固定期間従業員はどう違うか?
 ● 業績・勤務態度不良・違反行為の従業員をどう解雇するか?
 ● 辞めないダメ従業員に金を積んで辞めさせることはなぜ危険か?
 ● 配置転換は従業員の同意が必要か?一方的配転指示は?
 ● 減給降格は従業員の同意が必要か?一方的減給降格決定は?
 ● 残業休出の問題が一番多い、なぜ?どう解決するか?
 ● 優良な従業員はなぜすぐ辞めてしまうのか?引き止める方法は?
 ● 人事考課や評価、業務指示に「不公平」と言われたらどう処理するか?
  ・・・など

 お問合わせ・お申込みは、こちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。