日本はコロナ大爆発を迎える、安倍自民党政権は崩壊へ

 4月3日付共同通信配信記事『政府、PCR要否判断を全国調査 状況にばらつき、過少批判も意識』。この記事ではなく記事への書き込みを読んでほしい。日本時間4月4日18時現在、6768件の書き込みコメントがある。読みきれないが、一部だけでも読んでみてください。

 その中でも、おそらくコロナ感染者が数百名入っている(もちろん、公式発表の感染確認件数にカウントされていない)のではないかと思う。この方々は検査してもらえず、症状で苦しんでいながらも、さらに周辺へ拡散し続けている。この連鎖を考えると、鳥肌が立つ。

 ざっと感覚的だが、いま日本国内の感染者は、軽く5~10万人はいると思う。大爆発はそう遠くない。1~2週間のうち(4月中下旬)だろう。

 在日米国大使館は、在日米国人に帰国を促している。考えてみてください。いま世界一の感染国である米国への帰国を促していることは何を意味するか。

 「在日米国人の皆さん、すぐに米国へ帰国してください。帰国しないと、あとは知りませんよ(ずっと海外滞留もあり得る)」と米国大使館が言っている。さらに通達文をみると、「日本はきちんと検査しないから」と苦言を呈している。おそらく米国からの「検査拡大」要請を日本政府が拒否したのだろう。明言はしていないが、要するに、「日本政府は隠蔽している。もう信用できない。逃げよう」ということだ。

 安倍氏は、すでに米国に切り捨てられた。米国大使館の在日米国人撤退通達は、日本政府に対する「紳士的」な抗議である。5月までに日本はコロナ大爆発、スーパー大爆発し、安倍政権は今年後半に崩壊するだろう。自民党は2度目の野党転落するだろう。

 日本はリセットされる。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。