ワクチンの無効化宣告、人間はウイルスよりはるかに馬鹿だ

 人間はウイルスよりはるかに馬鹿だ。

 ワクチンさえ打てば大丈夫。感染拡大でもほとんど軽症・無症状者だから大丈夫。それで安心する。しかし、無症状者はどんどん感染を広げる。それがウイルスの狙い。大幅拡散によってデルタ次世代の変異種を生み出す。

 要するに感染してすぐ発症・重症化したら、ウイルスは見つかり、退治されてしまう。だから無症状感染や軽症で馬鹿な人間を油断させる。一方、ウイルスは感染数を積み上げ、ワクチンとの戦い方を学習し、変異を重ねて質の進化を図る。いわゆる種の進化。

 デルタ株の次世代変異種は、エプシロン株。現在のワクチンをすべて無効化する。しかも大量重症化する。今世界中、エプシロン株がすくすくと成長中。時間との競争、勝つのは人間でなく、ウイルスだ。変化を嫌う我々人類、変異を好むウイルス。このギャップを埋めないと、われわれには勝ち目がない。

 ウイルスに打ち勝つなんて。傲慢だよ、人類は、しかも愚かだ。大方の人間は馬鹿だ。目先の現象や事象を、自分に都合の良いように解釈する。「なぜ」を問わないし、自分がコロナウイルスだったら、どう生き延びるかと問いかけもしなければ、ウイルスの生き残り戦略を模擬的に練ることもしない。

 もしやあと1~2か月で、ワクチンの無効化が宣告される。そうなるかもしれない。(後続記事『ワクチンが効かない、英科学者が「ほぼ確実」と予測』

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。