青空下のDunch、激辛トムヤン・四川ミックス鍋

 ブランチ(Brunch)があれば、ダンチ(Dunch)もあっていい。Dunch=LunchDinner、昼食と夕食を兼ね備えた食事。私は1日1食で、最近Dunchを取るようにしている。食べて5~6時間後に寝ると、消化器官・内臓がゆっくり休める。

 週末(金曜日)は午後15時すぎに、食べ始める。南国の太陽が眩しく、明るいうちに庭でDunchをいただくほど贅沢なことはない。カラッと空気が乾燥しているので、あえて湿気を出してくれる激辛トムヤン・四川ミックス鍋にしてみる。

 具材は漁師直営の卸売業者から仕入れた海鮮を中心に、肉は少しだけ。コロナ期間中に直販を利用する習慣がつき、新鮮で安価な食材調達ができるようになった。

 お酒は、中国産の白酒。明るいうちにほろ酔い気分になるのは至福だ。ご馳走様でした。

<次回>

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。