中国二子多産政策時代の到来、企業はどう対応するか

 最新の発表、中国は「一人っ子政策」の全面廃止を決定した。私は早い段階で今年3月13日に、「二子多産政策時代の女性従業員雇用管理上の諸問題と実務セミナー」を開催した。そのときの発言で、「早ければ年内にも全面的政策転換になるだろう」という予測が、的中した。

 大方の報道では、「第二子出産を容認」と伝えられているが、私は「第二子出産を奨励」と言っている。これからは、「一人っ子奨励」から「二人子奨励」政策に一気に転換する。

 では、一人っ子の奨励優遇措置は中止されるかというと、まったく逆!一人目を生まなければ、二人目が生まれないわけだから、二人目を奨励するならば、一人目への奨励を撤廃するどころか、奨励を加重するだろう。企業の労務管理では、女子従業員の産休管理がすでに大問題の一つになっているが、今後はその大問題が二つになる。

 新政策を吟味したうえで、12月にセミナーを開催したいと思う。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。