西塘古鎮(4)~水郷のいろんな風景

<前回>

 西塘はデートの名所らしい。特に夜になれば、提燈の明かりが幻想的で、ロマンチックな水郷古鎮へと変身する。「昼間は老人で賑わう、夜は若者で混み合う」という人もいるが、実際に昼から多くの若いカップルがすでに殺到している。

 水郷の風景をバックに変身写真を撮る風景、これも微笑ましい。ずいぶんユニークな着物だ。中国人がイメージした和服で、なんとなくプッチーニのオペラ「蝶々夫人」を連想する。

 と、いろんな風景を楽しみながら、西塘を歩いてみると、観光地として街はずいぶん綺麗だったことに気付く。相変わらず「カーッペ」と痰を吐く輩も健在だが、全体的に観光客のマナーが若干向上している。犬の糞もきちんと拾っているし、ポイ捨ても減った。

 それから、街の清掃作業も入念に行われている。公衆トイレも店のトイレも、まあまあ清潔な状態が保たれている。入場料は1人100元も取っている以上、やるべきことをやらないと、それは客に怒られるだろう。

 久しぶりの中国国内観光。大した不満もなく、楽しい1日となった。

<終わり>

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。