キノコとルソン島の辺境

 うちのフィリピン人メイドがたくさんの大きな、美味しそうなキノコを採ってきた。何という名前のキノコかと彼女に聞いても、名前は分からないが、小さい頃から食べていたので大丈夫だという。図鑑を調べると、ジャングル・マッシュルールであることがわかった。

 メイドはルソン島北部の海に面した山奥の出身。マニラからバスに揺られて13時間の長旅でたどり着く辺境。生涯に一度もマニラに出てくることがないという人も珍しくない、まさに田舎のまた田舎である。ほぼ自給自足の生活をしていて、エアコンもなければ、水道水もない。近代化とは無縁。

 山から山菜やキノコを採り、海から魚を捕り、来る日も来る日も自然を食し、井戸水を飲む。メイドのおばあちゃんは、そんな生活をしながら、毎日晩酌でおちょっこ1杯の酒を飲み、無病のまま104歳の長寿で天に召された。幸せとは何か。この人たちに聞かなければ知る由もないわれわれこそが、悲しい存在。

タグ:

コメント: キノコとルソン島の辺境

  1. いいお話し 有難う御座います
    フランスの 坂東です

    心の休まる 自然の恵みを 頂く

    実家は 新潟
    そこで生まれたが 育ちは 東京

    幼少の頃 夏に帰り おばさん おじさん

    お婆ちゃんに甘えて 夏を過ごした

    やりたい放題 畑に行って 友だちと
    皆で クダモノを モイで わけて食べた

    いい時代でした 過去よ 戻って欲しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。