日本では本当にロックダウンできないのか?

 日本では、私権制限にあたってのロックダウンができない。まず憲法改正が必要だというが、私はそう思わない。

 日本国憲法第25条では、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と、国民の生存権が保障されている。

 感染症などにより、公共の福祉が毀損する。国民は健康で最低限度の生活ができなくなった場合、公共の福祉という意味においては、これに反する場合、国民の私権は制限され得ると認識すべきだろう。そもそも国家の第一義的責務は、国民の安全(健康に生きること)を守ることであるから、生存があらゆる私権の前提であり、当然生存権は上位にあり、優先されるべきだろう。

 最近、改憲改憲というが、改憲は必要だが、時間がないわけで、憲法25条を動員してロックダウン特別法、有事法制として特定期間中の特別立法、時限立法をやればいいと思う。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。