【Wedge】トランプを読み解く(2)~ずけずけ言う男、トランプ流の選挙マーケティング

<前回>

 世の中で手ごわいのは、恥を知らない人と金銭欲のない人(参照:1ドルで働く大統領の欲求とは?)。羞恥心が薄いよりも、とにかく誰の前でもずけずけとものを言うのは、トランプ氏である。知性や理性、洗練さにほぼ無縁の彼は大統領になれるのだろうか。多くの学者や有識者は冷笑しながら傍観していた。

● とにかく選挙に勝つこと!トランプ氏の理想主義と現実主義

 2016年春から繰り広げられた米大統領選でのトランプ氏の健闘ぶりは誰もが想像しなかった。「大衆煽動」的な手法が使われたとの批判もあるが、そもそも民主主義は大衆の理性を担保する制度ではない。トランプ氏はこれをよく理解していた。

 逆説的な現象だが、億万長者のトランプ氏はなぜか労働者、特に低学歴の労働者を味方につけ、彼らの「感性的な」個益を代弁したのだった。少なくともそう見えた。外交政策や経済政策を、失業や低賃金で苦しむ底辺の貧困層・労働者に理性的に訴えても、理解されないし、彼らは理解しようともしないからだ。そもそも理性的な政策作りを得意としないトランプ氏にとっては、かえってこれが好都合だった。

 トランプ氏は滅茶苦茶なことを喋りたい放題だった。そう見えても、彼は彼なりの論理性をもっていた。実現不能の政策を言ったら政治家にとって命取り。しかし、トランプ氏は一向に気にしない。いや、実現できるかどうかはやってみないと分からないのだと妙な自信を持っているようにも見えた。彼にとって公約たるものは、実現の可能性よりも目指すべき方向性がまず第一義的に捉えられていたかもしれない。

 言ってみれば、現実主義者であるはずの企業家トランプ氏は選挙にあたっては理想主義的な狂人(そう見える)に変身してしまったのだった。ところが、一時的な人気で選挙に勝ったとしても、国家統治はできないだろう。そういわれても、選挙に勝たなければ、国家統治の資格すら得られない。とにかく選挙に勝つことだ。この辺にくると、トランプ氏の実務的な思考回路が見え隠れする。

 つまり、理想主義を唱える現実主義者である。

● シープル大衆国民のB層と選挙マーケティング

 20世紀90年代以降、世界規模の格差拡大が進行し、その結果は、数の優位性をもつB層という「シープル大衆国民」層の増大にほかならない。彼たちの多くは国家統治における理性に興味がなく、あるいは関心をもつ余裕すらない。やがて彼たちがもつ一票に込められる非理性的な成分が増え、国家統治や世界秩序に深刻な影響を与え始めたのである。

「○層」とは、2005年、小泉内閣の進める郵政民営化政策に関する宣伝企画の立案を受注した広告会社が、政権の支持基盤として想定した概念である。なかでも、後日もっとも有名になったのは、「B層」。マスコミ報道に流されやすく「IQ」が比較的低い層を指している。さらに、「D層」というのは、「名無し層」とも呼ばれ、これも「IQ」が低く、失業や貧困などの痛みを抱えている層をいう。

 特定の層を取り込むというのは立派なマーケティング手法だ。選挙も商売も同じ原理である。これはビジネスマン、トランプ氏の得意分野なのだろう。

● 民主主義のメカニズムとトランプの帝王学

 民主主義にも悪の側面があるとすれば、それは、本来の国家単位の共同体利益が知らずに、多数の私利私欲(個益)の総和に取って代わられることだ。そもそも論になるが、国家という共同体の利益所在はいったいどこにあるのか、それは何なのか、時勢によってどのように変化しているのか。特にグローバルという「善」が当たり前のように語られる今日において、グローバル利益という空虚な概念は何を意味するか、それと実在する国益の関係はまたどのようなものか……。

「○層」が基底となる民主主義の下で、数で勝負するのがルールだ。実際には有権者の大多数は共同体である国益を思考できるような立場に置かれていないし、またそのような能力も欠けている。「哲学的ゾンビ」という言葉を想起する。デイヴィッド・チャーマーズによって提起された心の哲学における思考実験に由来する。物理的化学的電気的(外面的)反応としては、普通の人間と全く同じであるが、クオリア(感覚的・主観的な経験にもとづく独特の質感)をほとんど持っていない人間と定義される。「シープル大衆国民」の大量発生はある意味で、哲学的ゾンビの普遍化といえるかもしれない。

「一国の政治というものは、国民を映し出す鏡にすぎない。政治が国民のレベルより進みすぎている場合には、必ずや国民のレベルまでひきずり下ろされる。反対に、政治のほうが国民より遅れているなら、政治のレベルは徐々に上がっていくだろう。国がどんな法律や政治をもっているか、そこに国民の質が如実に反映されているさまは、見ていて面白いほどだ。これは水が低きにつくような、ごく自然のなりゆきなのだ。りっぱな国民にはりっぱな政治、無知で腐敗した国民には腐りはてた政治しかありえないのだ」

 サミュエル・スマイルズの「自助論」の1節である。レベルはつねに低いほうに合わされる。民主主義国家の劣化の本質に対する指摘である。

 一連の問いを突き詰めるところ、民主主義のあり方の実務的な再検討にほかならない。トランプ氏はこう考えていたかもしれない――。真の民主主義とは、万民が単に参加できる政治だけではない。万民という共同体の利益が真に保護される政治システムの形成と運営、そして最善の結果に対する担保でなければならない。

 トランプ氏の「帝王学」ではないだろうか。

● 「ずけずけ型」リーダーの全盛期

 選挙戦の進行とともに、日本国内の知識人や世論は概ねトランプ氏に批判的になった。氏は当選しないだろうという希望的観測も出始めた。ここまでくるといささか他力本願的なナイーブさを感じずにいられない。でも、それはアメリカ国民が決めることである。

 非理性や低知性。色々と非難されながらも、トランプ氏の健闘ぶりは何を物語っているか。いや、むしろ非理性と低知性(に見えるところ)が彼のブランド。ブルーチーズが臭いと批判するほうがおかしい。トランプ氏はずけずけとものを言う政治家として暴言も吐くし、煽動もする。だからなんだ。人気が出ているのではないか。

 高カロリーのジャンクフードをパクつきながら、特大ペットボトルのコーラをラッパ飲みするアメリカのブルーカラー労働者や失業者。日米安保や米国同盟関係の存在意義、アメリカの国益と世界秩序云々が彼たちにとって何の意味があるか。移民労働者を追い出せば、時給が1ドル上がるほうがよほど魅力ある話だ。

 格差時代の民主主義、マジョリティーとなる下層階級ないし貧困層がある意味で一種のリスクとなる。理性や知性に価値が置かれないポピュリズムから、ルサンチマン先導の政治が生まれる。トランプ氏だけではない。フィリピン大統領選で暴言を連発するドゥテルテ氏も好調でトップを走った。

「ずけずけ型」リーダーの全盛期だ。

<次回>

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。