日本は台湾を助けるのか?釣った魚と釣れない魚

 飛行機離陸前の安全確認デモンストレーションに、「まず自分で酸素マスクをつけてから子供にしてあげる」というのがある。「日本有事は台湾有事」論について、日本と台湾の場合、有事の際に日本はまず自分に酸素マスクをつけられるのか?いや、酸素マスクをちゃんと持っているのか?

 素朴な質問だが、中国が台湾侵攻を始めた場合、

 1. 自衛隊は台湾出兵するのか?
 2. 日本の米軍基地を使うのか?
 3. 日本の自衛隊基地や空港に台湾軍機を離着陸させるのか?
 4. 日本は台湾に軍事支援をするのか?
 5. 日本は台湾に民間支援をするのか?
 6. 中国軍の包囲網を突破して台湾を支援するのか?
 7. 台湾支援すれば敵国扱いで対日開戦すると中国から宣告された場合、応戦するのか?
 8. 上記について日本は答えを準備できているのか?それとも有事になってから議論するつもりか?
 9. 在中の日本資産が敵産として収奪された場合、同等の措置を取れるのか?
 10. 台湾陥落した場合、日本は中国領土として改めて承認するのか?
 11. 日本国民は台湾のためどこまで犠牲できるのか?
 12. 台湾の一戦を終えて日本は中国とどう付き合うつもりか?

 断言してもいい。現状を見れば、台湾が中国に侵攻されて飲み込まれても、日本は助けないだろう。というのは、自国すら助ける意思も力もないのだから。日本と台湾が助け合えるのは、地震と津波くらいだ。もちろん、それは美談だけれど。

 台湾も然り。最近、台湾では死期が迫るパンダを「中国に返せばいい」という声もある。異常だ。台北故宮博物院では複数点の国宝の人為的破損も異常だ。台湾独立にあたって中国ゆかりとの断絶が必要なら、故宮博物院丸ごと、それもパンダと一緒に中国に返せばいい。

 日本では台湾との友好で一切こういう情報が伝わらない。台湾との友好は民進党政権との友好ではない。台湾は、美談だけではない。

 私のフェイスブックに、某台湾人がこうコメントした――。

 「実際、中国や他の多くの国は、日本のことを米国の戦略的属国・植民地として嘲笑している。しかし、ほとんどの日本人は依然として非常に親米的であり、日本人は自分をいじめる国を愛している。私は日本人の考え方を理解できない」

 台湾も蔡英文政権が親米だが、台湾人からみれば、原爆まで落とされた日本人の親米感情がそれよりはるかに病的である。

 実務的に、日本は米中のどちらかの属国になるのだったら、さあ、どっちにつこうかなと迷ったふりをする方が、一番最大の利益を引き出せる。しかし、愚直な日本は、死んでも米国の属国だと言い切っているからまずいのだ。米国にとっては「釣った魚に餌をやらない」。中国にとっては「釣れない魚に餌をやらない」だ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。