緊急保安体制敷かれる、虹橋空港検査場は巨大更衣室に

 本日、煙台日帰り出張。

 「今日、虹橋空港は、緊急保安体制でセキュリティチェックが厳しくなった」。早朝、迎えに来た運転手から第一報を受ける。

 ベルトをはずし、靴を脱いでのチェックだった。それほど緊張感がなかったが、いつもより一人当たりの時間が増えているのが確実。保安検査場内では、靴を脱いで履く人、ベルトをはずして通す人、巨大更衣室の様相を呈している。

 同時に、浦東空港も北京首都空港も保安体制が強化され、なかに北京空港では飛行機に乗り遅れる乗客も続出とか。

 ただ、夜帰りの煙台発便は、煙台空港では通常通りの保安検査で、特に変化がみられていない。どうやら、上海や北京などの大都市中心か?

 突然のセキュリティ・レベルの引き上げには、きっとそれなりの事情があっただろう。混乱を避けるためにも、理由を明かさないのが賢明かもしれない。中国では最近、安全のための取引コストも急増している。

 みなさんも、飛行機に乗られる方は、早めに空港につくようにしよう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。