日本一高級、宮崎牛レトルトカレーを食べる

 日本一高級な宮崎牛レトルトカレー「都城華礼」。友人の恵島社長からまた差し入れをいただいた。

 結論からいおう。これはカレーじゃない。肉の固まりがどーんと乗っかるから、ステーキだろう。カレーとしてはパンチ不足だが、肉が主役だから、仕方ない。どっちかというと、上品なシチューではないか。

 さらに文句がある。「日本一」っておかしい。レトルトカレーというカテゴリーでいえば、「世界一」の名に値する。正直、レトルト食品を口にしない私だが、この商品だけは美味しく感じた。

 飛行機のビジネスやファーストクラスの機内食に出してくれるかな。懐石風の食事よりも、ギャレーで簡単に調理できるはずだから。

 木箱も金箔(金箔は静電気で?袋から出しにくいのが難点)もいい。もちろん贈答品としては立派。マレーシアでヒットすることを期待している。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。