【Wedge】マレーシア版「GoToトラベル」、現場で何が起きているのか?

 「Go To トラベル」は何も日本だけの話ではない。私が住んでいるマレーシアも似たような、非公式的な「Jalan Jalan」(マレー語:散歩する)キャンペーンに取り組んでいる(参照:『マレーシアの「本物ロックダウン」現場から見た日本』)。私は取材をかねてここ2か月に4度も国内旅行に出かけていた。9月以降もボルネオ島(東マレーシア)などの遠方を含めて旅の予定を立てている。コロナで特に大きなダメージを受けた観光業や外食業の現場で何が起きているのか、マレーシア各地での見聞を数回分けてお伝えしたいと思う。

● 閑古鳥が鳴く、マラッカの世界遺産に人影まばら

 全体的印象から言うと、業界の明暗がはっきり分かれている。

 8月上旬、マラッカ視察に出かける。マラッカはペナン島のジョージタウンとともに、2008年に「マラッカ海峡の歴史的都市群」としてユネスコ世界文化遺産に登録され、人気の観光地である。

 その中でも、観光客が必ず訪れるのは、ジョンカーストリート。歴史的建築物を生かして作られたレストランやカフェ、土産物屋、ブティックがぎっしり軒を連ねている。一方通行道路ながらも、年中交通渋滞が常態化し、私が数年前に訪れたときも、観光客が大挙して押し寄せ、押すな押すなの大混雑だった。

ジョンカーストリート

 しかし、このジョンカーストリートはいま、人影まばら。「社会的距離」を数十メートル以上開けてマスク姿の観光客が数組淡々と散策している。店も半分以上シャッターが下ろされており、食事やショッピングといっても、チョイスが限られているので、観光らしい観光すらできない。何と寂しい風景だ。

 幸い好物のエッグタルト屋さんが辛うじて営業しているので、翌日まで食べられる分を大量購入。そういえば、同じポルトガル植民地だったマカオも、エッグタルトが濃厚な風味で美味しい。

 昼食の時間だ。食事の場所は決まっている。マラッカ名物鶏料理店の「和記」。しかし、いつもの長蛇の列がない。中に入ってみると、ガラガラに空いている。客は2組しかいない。混み過ぎるのは嫌だが、程よい「消費ムード」が必要だ。あまりにも客の少ない店だと、気分が盛り上がらない。これも消費の委縮を招く連鎖的な要因かもしれない。

名物鶏料理店の「和記」

コロナ前の「和記」

 鶏料理は相変わらず美味しい。そしてマラッカの名物は、「鶏飯粒」――チキンライスボール。お馴染みの「海南鶏飯」は鶏スープで炊きあげられた「鶏汁炊き込みご飯」だが、「チキンライスボール」とは、このご飯が熱々のうちにギュッと団子状に握りしめる、いわゆるおにぎり式チキンライスなのである。

名物鶏料理とチキンライスボール

 腹いっぱい食べて、帰宅後のつまみに1羽分を切って包んでもらい持ち帰り。さあ、これ以上粘っても面白くないから、帰ろうと、車を駐車したカーサ・デル・リオ(Casa del Rio)に向かう。ジョンカーストリートに至近距離にある大型ホテルは、ここだけ。広々としたパーキング・ロットに、何よりも屋根付きだから炎天下でも車内が暑くならない。

 驚いたことに、ホテルの駐車場はなんと出入り自由。つまり駐車無料だ。念のため、ホテルのスタッフにも確認してみたが、コロナ期間中は特別無料にしてあると。それでは申し訳ないので、ホテルのカフェでお茶でもして帰ろうかと行ってみたら、これも閉店中……。

 マラッカのような世界文化遺産はなんといっても外国人に絶大な人気を誇る。インバウンド全盛期の寵児がいざ外国人観光客が消えると、この惨状になるとは想像すらできなかった。外国人にとっての「非日常的」な景色は地元のマレーシア人からみれば日常の一部にすぎず、わざわざこの時期に観光で訪れる必要性を感じない。そういうギャップがあったかもしれない。

● マレー半島東海岸、高級リゾートの大繁盛ぶり

 閑古鳥が鳴く世界文化遺産を後にして、車でマレー半島東海岸のリゾート地に向かう。

 何もコロナのせいではない。マレー半島の東海岸は年中寂れている。交通が不便で有名な観光地はほとんどない。ペナンやらランカウイやら観光客が押し寄せる「人気スポット」はみんな西海岸に集中している。交通の便がよく国際空港も整備されている。海外から観光客が簡単にアクセスできて観光業は発達している。

マレー半島東海岸のビーチリゾート

 しかし、海の美しさからいえば、西海岸のマラッカ海峡よりも東海岸の南シナ海が格段に上だ。西海岸のペナンやランカウイなどは、正直言って海が汚すぎる。泳げたものではない。東海岸は違う。海が美しい。特にティオマン島やレダン島、ペルヘンティアン島などの離島。以前、ティオマン島とレダン島へは、クアラルンプールのスバン空港からプロペラ機の定期便が乗り入れていたが、それが数年前いずれも路線休止となった。おそらく搭乗率が悪かったからだろう。

 もう1つの原因はモンスーン。マレー半島東海岸は、11月~3月にかけては北東モンスーンの来襲で雨量が激増し、波が荒いため遊泳は不可。一部の宿泊施設はモンスーン季節中に完全閉鎖となる。要するに、観光業として年間の半分近く稼働できないので、効率が悪いわけだ。現代資本主義の経済は基本的に効率第一であるから、非効率性は排除される。裏返せば、マレー半島東海岸はその非効率性で開発の荒波から逃れたといっても過言ではない。

 私が投宿した東海岸の某Aリゾートはまず、チェックインしても部屋の清掃が終わっておらず1時間以上待たされる。平日なのに、客がたくさん来ているということだ。それにしても早く着いて良かった。1~2時間も遅れたら、駐車場が満車になっていた。後からみると、ホテルの正面エントランス周辺から通用口まであらゆるスペースが宿泊客の車で埋まっていた。

Aリゾート構内風景

 ところが、夜になって見渡すと、すべての客室に電気が点灯しているわけではない。ざっと見て稼働率は7~8割程度。なのに、なぜ駐車場だけが満車かというと、国内客はみんな自家用車を利用するからだ。ホテルは設計上、タクシーやハイヤーを利用する外国人観光客を一定の割合で計算しており、宿泊客全員が自家用車で来館することを想定していないからだ。異常事態の発生だった。

 このAリゾートは数年前に一度泊まったことがある。当時の宿泊料は若干の割引が効いて1泊2万円程度だったと記憶しているが、今回はちょうどその半分、1万円(いずれも朝食込み)。正規価格からすれば概ね60%オフの割引だった。もちろんその分国から補助が出ないのだから、ホテルはコスト削減や飲食などの館内消費で利益を捻出せざるを得ない。

Aリゾート客室

 スタッフの人数削減による副作用は、客室清掃業務の遅れやビーチサイド待機スタッフの巡回回数の減少などからも現れている。やむを得ない。消費者としてこれだけ安い料金で泊まるのだから、引き換えにある程度の不自由を受け入れるべきだろう。つまり、サービス品質の低下は消費者合意の下で行われるということだ。

 日本は、サービス品質についていえば世界でも稀に見る均一化している国である。商品やサービスのグレードに関係なく、どこへ行っても、丁寧なサービスを受けられる。海外は違う。大方の消費者は商品・サービスのグレード(価格にも反映されている)で目線・判断基準を使い分けている。

 日本社会では、「付加価値」が基本的に善とされている。しかし「付加価値」は裏返せば、サービス提供者にとって一種の「付加コスト」でもある。不況やデフレ、あるいは昨今のコロナ禍によって価格が下落した場合でも、消費者が従来と変わらないサービスのレベルを求め、かつ業者もそのつもりで運営しているのであれば、必ず働く従業員にしわ寄せが及ぶ。しばしば従業員が過酷な労働環境に置かれ、ブラック企業が生まれる原因の1つにもなりかねない。

 マレーシア版「Go To トラベル」の現場、明暗が分かれている。たとえ客が入ったとしても、自主的割引や防疫コストの負担によって必ずしも経営が楽というわけではない。業者が軒並み苦闘している。次回は外食業の現状を追ってみたい(参照:『マレーシア版「GoTo外食」、常識を覆す飲食店の繁盛ぶり』)。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。