▶ 動画リスト3

☚ 動画リスト2 | 動画リスト3 | 動画リスト4 ☛


▶【立花経営塾】第128回~<時論>2022-06-30
 ①

▶【立花経営塾】第127回~労働者の虚偽申告・学歴職歴詐称の対処法(後編)
 <前編> 中国やベトナムにおける労働者個人情報の虚偽申告・学歴職歴詐称についてポイントを解説し、対処法を提示する。会社には調査・審査義務があるのか?調査・照会ができるのか?虚偽申告・詐称内容が労働契約の締結や後日(入社後)の業務遂行能力・業務成果に与える影響をなぜ判断する必要があるのか?それをどう判断するのか?虚偽申告・詐称が発覚した場合解雇できるのか?前編と後編に分けて実務を解説する。

▶【立花経営塾】第126回~労働者の虚偽申告・学歴職歴詐称の対処法(前編)
 中国やベトナムにおける労働者個人情報の虚偽申告・学歴職歴詐称についてポイントを解説し、対処法を提示する。会社には調査・審査義務があるのか?調査・照会ができるのか?虚偽申告・詐称内容が労働契約の締結や後日(入社後)の業務遂行能力・業務成果に与える影響をなぜ判断する必要があるのか?それをどう判断するのか?虚偽申告・詐称が発覚した場合解雇できるのか?前編と後編に分けて実務を解説する。<後編>

▶【立花経営塾】第125回~<時論>2022-06-15
 ① /② IPEF発足へ、中国サプライチェーン狙い撃ち、日本企業の中国事業に与え得る重大かつ深刻な影響とは?

▶【立花経営塾】第124回~危ない!労働契約標準雛型の流用
 ベトナムや中国でよくある話だが、企業が労働契約のいわゆる標準雛型を流用する。その雛型は、各地の行政当局や上層部労働組合が(ときどき半強制的に)推奨するものもあれば、弁護士事務所が格安販売しているものもある。それらの標準雛型には恐ろしい落とし穴がある。絶対に使ってはいけない。なぜだろうか。

▶【立花経営塾】第123回~労働法、押さえておきたい3つのポイント
 多忙な経営幹部が労働法の勉強に没頭することは、本末転倒である。お勧めしません。かといって、労務管理という重要な仕事を抱えている以上、粗末にはできない。すると、なるべくポイントだけ押さえておきたい。今回はまず、枠組み的に労働法とは何ぞやというところで、3つのポイントだけ勉強しましょう。

▶【立花経営塾】第122回~<時論>2022-05-31
 ① 李嘉誠はベトナムに大規模投資、2012年中国撤退の英国転戦、そして今は英国からベトナムへ/② サプライチェーンに異変、アパレルは中国もベトナムも難しくなったのか?

▶【立花経営塾】第121回~メカニズム解明、制度改革を阻む仕組みとは?
 変われない人たち。制度改革・組織変革を阻む、いわゆるアンチをつくり出す仕組みとはどんなものか?実はその仕組みによって当事者たちは必ずしも利益を満喫できるとは限らない。そうした意外な事実が明らかになった時点で、仕組みを修正し、阻害機能を取り除く可能性も出てくる。かかるメカニズムを解明していく。

▶【立花経営塾】第120回~お邪魔の女神を突き止めろ、変われない人と組織
 人事評価に指摘があって変わることを求められても、気がつけば翌年度の評価には同じ指摘がされる。要するに、人はそう簡単に変われないものだ。人によってできた組織もまた然り。ただ、それは必ずしも、変わりたくないから変われないとは限らない。当事者が変わることの必要性・重要性を認めつつも、変われないのはなぜだろうか?単に意志薄弱の一言では片付けられないはずだ。実はお邪魔の女神が……。

▶【立花経営塾】第119回~管理職らしくない管理職、なぜそうなるのか?
 せっかく育てたつもりの中間管理職は、どうも管理職らしくない。問題を上司に丸投げ、ときには問題がどこかすらわからない。自分の頭で物事を考えず、指示待ちに徹している。もちろん責任も取らない。いわゆる「管理職らしくない症候群」はなぜ発生するのか?そのメカニズムを解明しよう。そして治す方法とは?

▶【立花経営塾】第118回~<時論>2022-05-15
 ① 中国・ロックダウン期間中従業員の賃金は減額支給してもいいか?人的資源社会保障部弁公庁[2020]5号通達の運用について/② 米国議会可決「習近平干渉・破壊行為評価法案(AXIS Act=枢軸法)」、中露一体化「新・悪の枢軸」によってさらなる恐ろしい展開とは?

▶【立花経営塾】第117回~人事制度改革で解決できない問題とは?
 問題が生じ、コンサルタントなどの専門家に人事制度の改革を依頼しても、問題が解決できない。場合によっては問題がさらに深刻化する。原因は何であろう。問題を間違って捉えたのか?人事制度と現場のミスマッチか?それとも他に潜在的な問題があったのか?問題解決に問題が生じた場合、いちばん厄介なのだ。そのときはどうすればいいのか?

▶【立花経営塾】第116回~<時論>2022-04-30
 ① 【事例学習】丸亀製麺ロシア撤退後の店舗無断営業は商標権侵害にあたるのか?有事に備えて事業経営の正しい賢い在り方/② 「狡猾」こそがビジネスの常識、インドから学ぶ、強者との強かな付き合い方、そして利益の引き出し方

▶【立花経営塾】第115回~自主的な残業、海外拠点での取り扱いポイント
 中国やベトナムなどの海外拠点では、会社から言われなくても自主的な残業を行い、仕事を仕上げる現地人従業員がいる。その場合は、残業代を支払うべきか。残業は会社の制度によるもので、特に上司指示または残業申請・承認に基づく場合、自主的残業の対応に苦慮することが多い……。

▶【立花経営塾】第114回~<時論>2022-04-15
 ① 悪いことを誰がやったのか?真相を知る方法/② ロシア制裁怪事件から学ぶ「二股型ビジネス」

▶【立花経営塾】第113回~管理職に残業代計上しない、海外でも運用していいか?
 管理職であれば、残業代や休出手当が支払われない。日本国内の場合でも最近、「名ばかり管理職」問題が顕在化しつつある。中国やベトナムなどの海外拠点では、どのような法律が適用しているのか?日本国内同様の扱いをしていいのか?リスクと正しい運用方法を解説する。

▶【立花経営塾】第112回~運転手の待機時間や出張の移動時間、賃金や残業の計算法
 運転手の待機時間には、普通の給料を支払うべきか?営業担当者の顧客接待・会食は、残業になるのか?あるいは業務出張の際、航空機の搭乗ないし遅延によって移動が就業時間外に及んだ場合は、残業代を支払うべきか?法律に明確な規定がないだけに、扱いが難しい。合理的な解釈と運用をどうすればいいのか?

▶【立花経営塾】第111回~<時論>2022-03-31
 プーチンから学ぶ、経営者の「悪学」

▶【立花経営塾】第110回~組織文化変革、3つの重要なツボ
 人事制度改革をやりたい企業が多い。制度そのものの設計はさほど難しくない。難しいのは導入である。いざ新制度を導入しようとすると、組織内部から様々な反対の声が上がり、あれこれと妨害行動も現れる。制度改革はつまるところ、組織文化変革なのであるから、難しい。その実現に向けて、3つの重要なツボが隠されている。

▶【立花経営塾】第109回~キリンの首が長い?組織内の淘汰理論
 キリンの祖先たちの首があまり長くなかった。少しでも首の長いキリンは木の高いところにある葉を食べられて、生き残ることができた。首の短いキリンが生存競争に負け、自然淘汰を受け、死んでいく。組織の中にも似たような淘汰が行われているのか?「弱肉強食」は悪いことなのか?進化の真意とはまた何か?

▶【立花経営塾】第108回~最善が最善ではない、経営上必須な「アバウトさ」
 経営を含めて、人間は常に「最適解」や「最善策」を探し求めている。しかし、最善にたどりつくことができなかったり、気がつけば最善が最善でなくなったりする場合もしばしばある。そのときは、潔癖的な追求を諦め、ほどほどに妥協できる「アバウトさ」を受け入れる必要が生じる。「ヒューリスティック」という概念の真意とは?

▶【立花経営塾】第107回~<時論>2022-03-15
 【特別号】政令12号~ベトナム・女性従業員生理休憩権保障における実務問題

▶【立花経営塾】第106回~社内の無断撮影・録音・録画をなぜ禁止する必要があるのか?
 スマートフォン全盛期。スマホ1台さえあれば、いつでもどこでも気軽に撮影や録音、録画することができる。しかし、その気軽さの背後に大きなリスクが潜んでいる。特に社内(事務所や工場構内)で従業員の無断撮影・録音・録画を容認した場合、どれだけ深刻なリスクがあるかを解説する。

▶【立花経営塾】第105回~「就業規則が違法だ」と叫ばれたとき
 「就業規則が違法だ」と叫ばれる場面がある。新しい就業規則をつくったところで、原案が反対に遭遇するのは日常茶飯事。その反対は、労働組合ではなく、なんと人事部から来たりすることもある。「こんな軽い違反行為で懲戒解雇したら、違法だ」と。なぜ、人事部からクレームが来るのか?「違法」とはどういうことか?真相を解明しよう。

▶【立花経営塾】第104回~<時論>2022-02-28
 ① 「過剰勉強させるな!」、中国教育業界に異色「改革」の真相/② 「イトーヨーカ堂を売れ」、セブンに迫る「開国」の裏とは?/③ 物価上昇が止まらない、コロナ・インフレの本質/<Part 2>戦うか逃げるか?ウクライナ危機

▶【立花経営塾】第103回~中国の経済補償金、「N+1」の1か月分が必須か?
 中国における経済補償金といえば、「N+1」という定番の支払形態がある――。法定月数(N)のほかにさらに1か月分の補償金を上乗せする。この1か月分は必須だろうか?また、何らかの理由で法定月数プラス数か月分、いわゆる「法定プラスアルファー」という支払い方も見られる。この際、特に注意しなければならないポイントとは?

▶【立花経営塾】第102回~トラブルにならない経済補償金の払い方
 中国における「会社都合」による雇い止め(労働契約終了)の際、会社に経済補償金の支払義務が生じる。法律上、月数や計算基準が定められているものの、誤解されたり、間違った運用があったりしてトラブルが多発している。これらのトラブルをどう避ければいいのか?そして、自己都合による退職(辞職)には本当に経済補償金が発生しないのか?それでも払う理由とは?

▶【立花経営塾】第101回~<時論>2022-02-15
 ① 日本は新自由主義から脱却できるのか?/② リトアニアという小国と中国の戦い、その裏とは?/③ 北京五輪が東京五輪に勝つ理由


☚ 動画リスト2 | 動画リスト3 | 動画リスト4 ☛


ご購読のお問い合わせ・お申し込みは、エリス・コンサルティング事務局までお願い致します。